青汁ランキング10|人気の青汁の味を全部チェック!美味しいのはコレ

酵素青汁ランキング《酵素は活性してなきゃ意味ないよ~》

HOME | 管理者について | サイトマップ
お気に入りに追加

酵素青汁を飲むべき!その理由とは

青汁を飲むなら、是非「酵素青汁を」飲んでいただきたいです。
理由は簡単。野菜不足=酵素不足だからです。

生命維持に必要不可欠な酵素は、元々人間の体内に存在していて、加齢とともに減っていきます。
酵素の減少はあらゆる不調の原因となるため、常に食物に含まれている酵素を補給しなければなりません。

ただ、「酵素」は生の野菜やフルーツ、発酵食品にしか含まれていないのです。

野菜不足と実感しているなら、酵素不足ということも実感するべきでしょう。今抱えている不調の原因は、もしかしたら体内酵素が減少しているからかもしれません。

青汁を飲むなら、「酵素青汁」を飲むべきなのです!


目次

酵素青汁はココが違う!得られる効果とは

酵素には私たちの体内にある酵素2種類と、体の外側から摂取する酵素1種類があります。

1.消化酵素

食べ物や飲み物を消化する酵素で、でんぷん、たんぱく質、脂肪、アルコールを分解する酵素があります消化酵素は体内で作られているものです。

2.代謝酵素

消化酵素で分解された栄養を細胞に届け、いろいろな働きをします。代謝酵素も体内でつくられるもので、免疫力、新陳代謝、排せつなどにかかわるものです。

3.食物酵素

食品に含まれる酵素のことです。年齢により体内でつくられる消化酵素や代謝酵素が減ってしまうため、食べ物から酵素を補うのです。味噌などの発酵食品や、生の食材から摂取できます。

体内酵素の量は決められています。そして、増えることはく、加齢や消化に負担がかかることでどんどん減ってしまいます。

体内酵素が減るということは、体内酵素の働きが悪くなると=不調に陥るということになります。

体内に入った栄養素を上手く分解できない、運搬することができないということにより、免疫力が落ちたり便秘になったりするのです。

酵素不足による不調から脱出するには、食物酵素の摂取するしかありません。

そこで、酵素青汁の出番。
活きた酵素が入った酵素青汁を飲むことで、健康への道が開けるのです!


酵素青汁でトクをする!3大メリット

青汁+酵素のダブル効果が一度に得られる!

酵素入り青汁のメリットの1つは、青汁の効果だけでなく酵素の効果も得られることです。
青汁や酵素ドリンクを飲むメリットがあるのは、青汁と酵素ドリンクの人気継続が物語っています。そんな不動の人気を誇る2つの商品の効果を1つの商品にまとめたのが、酵素青汁なのです!

酵素青汁だけでOKなんて、手間が減る上お財布にも優しい!

酵素青汁だと簡単に酵素を摂取できる!

酵素は熱に弱いため、約50度に達すると破壊が始まるといわれています。そのため、普段の食事で多くの酵素を摂取するのは困難です。
酵素をより多く摂取しようとなると、生野菜ばかりを食べないとならないことになりますよね。野菜の中には、熱を加えることで生まれる栄養成分があります。バランスよく栄養素を摂るには、熱を入れた野菜も摂らなければならないのです。
そこで、救世主になるのが酵素青汁なのです。緑の野菜の栄養素も摂れる上、酵素が摂れるという嬉しい限りですよ!

酵素青汁がダイエット生活や美肌習慣をお助け!

痩せたい!キレイな肌を目指したい!という女性には是非とも積極的に酵素を摂って欲しいのです!

不規則な食生活は酵素不足を招きます。
働き者の日本人は、酵素不足によって体の中に必要ないものが溜まり気味の傾向にあることでしょう。
酵素がもたらすデトックス効果でカラダの中からスッキリしませんか!?
腸内にたまっていたモノがスッキリ外にでることで、ダイエット効果、美肌効果に繋がりますよ!


酵素青汁の選び方が重要!酵素青汁の種類

野菜や果物を使った青汁を飲めば、酵素を摂取できるという考えは誤解。
実は青汁を選ぶ際に重要となるのが、活きた酵素が含まれているかです。

酵素青汁の種類

  • ① 素材に熱処理を加え酵素が壊れているもの
  • ② 熱処理を加えたのち酵素を添加したもの
  • ③ 熱で壊れにくい酵素を使っているもの

加工食品の製造では「食品製造法」という、食中毒を防ぐための法律があります。
そのため熱処理を加えなければなりません。
酵素は50度以上だと壊れやすいため、①の青汁には酵素は存在しません。

酵素が活きている酵素青汁とは

  • ・「活きた青汁が含まれています」と記載されたもの
  • ・熱処理以外の殺菌方法(スプレードライ製法など)で酵素が壊れにくいもの
  • ・50度以上の熱でも壊れにくい種類の酵素を使っている
  • ・熱加工をしたのち酵素を添加したもの

酵素青汁を飲むなら、活きた酵素が配合された酵素青汁を選んでくださいね!

    

酵素青汁ランキング酵素青汁ランキング

  

1位 ホコニコのこだわり酵素青汁

定期価格 3,200円
容量 90g(3g×30包)
酵素活性 あり
美味しい(ほんのり甘い抹茶味)
デメリット 美味しくて飲みやすい分、独特の青臭さが好きな人には物足りないかもしれない。
酵素数 139種類
成分 大麦若葉、黒糖、ハチミツ、オリゴ糖、穀物発酵エキス、植物発酵エキス、明日葉、桑の葉、ケール
商品詳細 主原料の大麦若葉は九州産にこだわり、その他ケール、明日葉、桑の葉も厳選した国産で安全安心。ほのかな甘さが独特の苦みや渋みを抑えているので青汁が苦手な人でも美味しく飲める青汁。139種類の果物や野菜から生まれた「植物発酵エキス」と活きた酵素「多穀麹」を配合した唯一無二の酵素青汁は嬉しい効果が多く人気高い商品です。
>>ホコニコのこだわり酵素青汁のレビューはこちら<<

お申込みはこちら詳細はこちら

2位 与那国南国青汁

定期価格 3810円(定期なし)
容量 75g(2.5g×30包)
酵素活性 あり
おいしい
デメリット 定期購入がないので、続ける場合にもお得に購入できない。
酵素数 約10種類
成分 長命草、大麦若葉、明日葉、デキストリン、乳糖、コーンスターチ、抹茶、イソマルトオリゴ糖、多穀麹、乳酸菌、ビタミンB6
商品詳細 長寿の源と言われる長命草をはじめ、大麦若葉、明日葉を主原料にしている酵素青汁。多穀麹、乳酸菌、抹茶、ビタミンB6を配合していますが、栄養バランスを考えての配合となっている点も見逃せません。国内生産で安心して続けられる酵素青汁。

お申込みはこちら詳細はこちら

3位 杉養蜂園はちみつ入り酵素青汁

定期価格 3400円
容量 3g×30袋
酵素活性 あり
おいしい
デメリット 5,400円(税込)以上購入しないと送料が必要。
酵素数 121種類
成分 大麦若葉末、水溶性食物繊維、還元麦芽糖、甘藷若葉末、穀物発酵エキス(穀物発酵エキス、デキストリン)、ハチミツ末(ハチミツ、デキストリン)、植物発酵エキス末(デキストリン、砂糖、オリゴ糖、ヨモギ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、その他)、植物発酵エキス末(水溶性食物繊維、コク等、リンゴ、カキ、ミカン、その他)
※原材料の一部に小麦、オレンジ、胡桃、ゴマ、大豆、バナナ、リンゴ、ヤマイモを含む。
商品詳細 酵素の種類が121種類と豊富である青汁。熟成させて抽出した植物発酵エキスと、活きた穀物酵素エキスを配合しているので、酵素の配合量が抜群に高い。杉養蜂園が厳選したはちみつをプラスすることで、飲みやすさにも配慮している。

お申込みはこちら詳細はこちら

4位 酵素青汁111選セサミンプラス

定期価格 2970円
容量 60粒(1ヶ月分)
酵素活性 なし
人によっては飲みにくい
デメリット サプリなのでアレンジができない
酵素数 111種類
成分 モリンガ、酵素エキス、ケール、スピリルナ、長命草、明日葉、日本山人参
商品詳細 酵素青汁となっている原料を見ると錠剤タイプだからこそ摂取できる内容。あまり見られない希少成分であるモリンガを配合している点は見逃せない。配合されている酵素は111種類もあり、ダイエッターから特に支持されているというサプリメント。

お申込みはこちら詳細はこちら

5位 ダイショーの酵素青汁

定期価格 2667円
容量 3g×30袋
酵素活性 なし
味がいまいち
デメリット 通信販売専用なので、まちのドラッグストアなどでは購入できない。
酵素数 125種類
成分 大麦若葉、明日葉、桑葉、125種類の醗酵素材と穀物麹
商品詳細 青汁の主原料になっている成分は、国産の素材に限定しており、果物・野菜・海藻・ハーブなど125種類の酵素を配合。食品会社の酵素青汁というだけあって、飲みやすさには個人差があるが栄養価にはしっかりとこだわりを持って作られている。

お申込みはこちら詳細はこちら


酵素青汁には活きた酵素を!活性酵素について 

活性酵素とは、つまり活きた酵素のこと。

青汁のような加工食品の場合、微生物の増加を防ぐ殺菌処理を加えなければならず、ほとんどの青汁商品で酵素は含まれていません。

そこで選びたいのが、加工方法に工夫をして熱に弱い酵素をできるだけ残した青汁、またはもともと熱に強い種類の酵素を使っているものです。

青汁を粉末にするときの加工方法には、いくつか種類があるため覚えておきましょう。

  • ・遠赤外線低温乾燥製法・・・低温で酵素が壊れにくい
  • ・スプレードライ製法・・・気体中に噴射するため低温で加工
  • ・フリーズドライ製法・・・凍らせて粉末にするため酵素が壊れにくい

そして注目したいのが、麹菌のように酵素でも熱に強い種類があること。

酵素とはたんぱく質のことなので、お肉を焼くと表面が固まるのと同様で、酵素も種類を選ばないといけないわけです。
穀物の酵素を添加した青汁は、麹菌由来で熱に強いのが特徴となっています。


酵素青汁を飲む前に!向き不向について

青汁で酵素を摂取しようと思った人も、ちょっと待って!

酵素青汁には向き不向きがあるのです。

効果を最大限得るためには、まずは確認しておきましょう。

酵素青汁が向いている人

  • ① 食物繊維を摂取して便秘を解消したい人
  • ② 不足している栄養を補給して生活習慣対策したい人
  • ③ 鉄分や葉酸の摂取で貧血予防したい人
  • ④ 活性酸素を減らしアンチエイジング対策したい人
  • ⑤ ニキビや肌荒れに悩んでいる


酵素青汁が向いていない人

  • ① 粉末を混ぜるのを避けたい
  • ② お金をかけたくない
  • ③ 腎臓が悪い方でミネラルの摂取を制限されている方
  • ④ 血液凝固剤を使用しビタミンKを制限されている方
  • ⑤ 結石ができやすくシュウ酸カルシウムを制限されている方

酵素青汁は酵素をはじめ、ビタミン・ミネラル、食物繊維の摂取になります。
これらの栄養素が日常で不足している人に、酵素青汁はおススメです。

逆に不向きとなるのが、持病をお持ちで特定の栄養摂取量を控えるよう、医師に言われている人。
そもそも粉末を混ぜたくない、お金をかけたくない人は、酵素青汁を試しても続かない可能性があります。


酵素青汁愛飲者の声!口コミから分かること

★女性 40代
続けて飲んでいたら体重が減ってきました。食物繊維や酵素が摂取できるので、食事制限や運動は一切していません。食前に飲むと満腹感があって、食べ過ぎ防止に役立ちました。

★女性 20代
肌がきれいなお友達がこれを飲んでいて、私も真似して注文しました。美肌対策に必要な栄養を摂取できるし、特別なコスメを使わなくても、適切な睡眠をプラスするだけで対策できています。

★女性 40代
もともと便秘ではないけど、便通がよく調子がいいです。そのおかげで、たくさん食べていたのに体重が増えませんでした。飲み続けると体重維持に役立ちそうです。

★女性 50代
最近酵素が減ってきたような感じがしたので、酵素青汁を飲むことにしました。これなら飲むだけで酵素が摂取できるので簡単ですね。

★女性 30代
食が細く、食欲がないときに積極的に飲むようにしています。野菜も毎日たくさん食べないといけないのは知っているけど、そんなに食べられないので青汁が役立っています。

このように青汁酵素は美容や健康のために飲む人が多いようです。
毎日不足する栄養が手軽に摂取でき、酵素の補給に役立てている人が多くなっています。


酵素青汁をもっと味方に!効果的な摂り方

多くの青汁メーカーでは1日1~2杯で、不足している栄養素の摂取ができるようにしています。

何事も過剰摂取はよくないため、多くても2杯までにとどめておきましょう。

青汁には食物繊維が含まれていますから、過剰摂取の問題もチェックすることをおススメします。

  • ・ 不溶性食物繊維の過剰摂取で便秘が悪化
  • ・ 腸のぜんどう運動が促され下痢を起こす
  • ・ 腹痛やガスの発生
  • ・ 栄養吸収を阻害してしまう

青汁に含まれるビタミン類は、余分なものは尿と一緒に排出されるため、過剰摂取しても問題ないものが多いです。

ミネラルは多すぎると副作用が出るものや、持病で制限が必要な人もいるため注意しましょう。

青汁を何か飲み物で割る場合、特に制限はありません。

ただし、ビタミンCや酵素は熱に弱いため、熱い飲み物は避けるのがいいでしょう。

また、ダイエット中の方はカロリーや、糖分の摂取に注意してください。


危険!野菜不足の陰に潜む栄養不足

農林水産省が発表したデータによると、日本人の野菜消費量は減少していることがわかっています。

1年間で1人当たり消費量は、昭和46年で119kgだったのが、平成23年では91kgに。

そして、逆に増えているのが乳製品、肉類なんです。

日本人の野菜摂取量が減った理由は、

  • ・ 食の欧米化
  • ・ 忙しい家庭が多く外食が増えている

さらに注意したいのが、昔に比べて野菜の栄養価も下がっていることです。

ほうれん草の場合は、ビタミンC→10分の1に。

野菜全般で品種改良によって甘くされた野菜、早期の収穫のため栽培時期がずれて栄養価が下がっている野菜が多く存在しています。

野菜を摂らない傾向がある上、摂る野菜の栄養価が低いという現実から「日本人の野菜不足問題」は思いの外深刻と言えます。


基本!青汁が愛される理由

日本人の野菜不足の理由が分かったところで、救世主の青汁の魅力をご紹介します。

  • ・ 普段食べない野菜から作られている
  • ・ 子どもからお年寄りまで使える
  • ・ 抹茶のような味の商品が多く飲みやすい
  • ・ たくさんの野菜を食べるより簡単
  • ・ 飲むだけで効果を実感しやすい

現代人の食の好みにあっているのは、甘くて苦味が少ない野菜のため、サラダはは遠ざけられ気味なのが実情です。

青汁だったらほんのりとした野菜の甘みが付いたものも多く、忙しい家庭でも手軽に美味しく飲めるのが最大のメリットでしょう。


だから必要!酵素青汁を飲む理由

農林水産省では1日に食べるべき野菜の量は、350gとしています。

仮にサラダだけで350gを食べようとすると、なんと大きめのお皿に1日3杯も食べなければなりません。

実は生野菜は、煮る・焼く野菜と比べてたくさんの量を食べることができないのです。

サラダは酵素摂取には最適なのですが、思ったより食べられないのが現実でしょう。

ならば、青汁で補うから大丈夫!と思いがちですが、青汁の製造過程で酵素は壊れてしまうので含まれていません。

そのため、活きた酵素が配合された酵素青汁を飲むことが必要なわけです。


覚えておきたい!酵素が多く含まれる食品

酵素が多く含まれる特定の食品があるというより、生の食べ物全般に酵素は含まれています。

特にオススメの生野菜の取り方として大根おろしが挙げられます。
なぜなら、細胞壁が壊れたほうが、酵素は活性化するからです。

ただし、ジュースにする場合は、ミキサーのように高速回転で熱が加わるものより、おろし金の使用や、低速ジューサーのほうをおススメします。

生野菜以外にも果物、お刺身など生で食べられる食品も積極的に食べましょう。

ほかにも味噌や納豆などの発酵食品、ヨーグルトも酵素が多く含まれています。
酵母菌が含まれているものも積極的に摂取してみてください。

食品に含まれる酵素で注意したいのが鮮度。
時間がたてばたつほど酵素は壊れやすいので、鮮度がいい食材を手に入れて、すぐ食べるようにしましょう。


青汁+酵素が最強だった!まとめ

野菜嫌い、忙しいなど野菜を遠ざける理由が多く存在し、日本人の野菜不足は深刻化しています。

深刻の理由は野菜不足=酵素不足。健康な体に必要不可欠な酵素が不足することが問題なのです。

酵素の摂取が必要なのは、加齢により体内の酵素生成量が減った人はもちろんのこと、加工食品を多く食べる幅広い年代の人にも必要です。

野菜不足を解消するために青汁を飲むのなら、酵素入りの青汁を飲むことで、問題解決につながります。

酵素青汁を選ぶなら、活きた酵素入り青汁を選びましょう!


新着情報

2017.05.20「~長命草~」を追加しました。
2017.05.12「~抹茶~」を追加しました。
2017.05.05「~多穀麹~」を追加しました。


酵素青汁ランキング 購入の前にチェックしてね!